外壁塗装で注意するポイント教えます

工事後の引渡しのチェックポイント

工事後の引渡しのチェックポイント

工事後の引渡しのチェックポイント 外壁塗装は足場を設置して高圧洗浄を行い、下地処理や養生作業を行ってから実際に塗装の作業に入ります。
塗装が完了後は全体的な確認をして足場の解体・撤去、清掃を行ってから依頼主に引渡します。
外壁塗装は工事の期間が長く手順も多いという特徴があり、各段階で慎重に作業を行う必要があります。
ただし優良な工事会社であっても塗りむらなどの不備が発生する可能性があるので、依頼主は作業の各段階ごとに進捗状況や現場の様子をチェックすることが大切です。
引渡しを受ける前には必ず塗り残しや不備がないかをチェックするようにしてください。
基本的に外壁塗装では3回塗りが行われており、下地塗りの作業も塗料の密着性を高める上で重要です。
綺麗な仕上がりにするためには各塗装作業の間にしっかりと乾燥させる時間が確保されていなければなりません。
また塗装作業では塗料が周囲に飛散してしまうことがあるので、確実に養生を行った上で作業を行う必要があります。
各段階における作業のポイントを押さえつつ、引渡し前には依頼主の要望に従って適切な作業が行われたかどうかを確認してください。

外壁塗装の工事を進める場合は保証内容の検討が大切

外壁塗装の工事を進める場合は保証内容の検討が大切 外壁塗装の工事を行う際には、保証内容の検討を行うことも大切です。
多くの施工会社では、リフォーム後に10年程度の保証期間が設けられています。
外壁の老朽化を改善するために、リフォームを依頼したとしても、施工後すぐに外壁に問題が生じてしまっては意味がありません。
インターネット上の外壁塗装に関する比較サイトを参考にしながら、利用者の評判を参考にするのが良いでしょう。
新築で建てた住宅も、歳月が経過していくと、様々な箇所に問題が生じるものです。
屋根が衰えていくと、室内に雨漏りが生じてしまうことがあります。
室内に雨水が溜まっていくと、疫病の原因になったり、家具にカビが生えてしまったりします。
外壁が衰えた場合も同様に、ひび割れた外壁からねずみや害虫の侵入を招く恐れがあります。
外装塗装を行うことは、景観の改善だけではなく、快適に暮らせる住環境を実現する意味合いもあるのです。
施工を依頼する場合には、工事後のアフターフォローも視野におくことが大切です。

新着情報

◎2020/11/13

工事後のチェックポイント
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

工事と近隣への配慮
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 保証」
に関連するツイート
Twitter